感染警戒レベル5への引き上げに伴う経済対策に関する要望                       

BLOG一覧

長野県は、諏訪圏域について、4月14日に感染警戒レベルを4に引き上げたほか、 4月16日には、さらなる感染の拡大が全県の医療提供体制に大きな影響を及ぼしか ねないことから、感染警戒レベルを5に引き上げ「新型コロナウイルス特別警報Ⅱ」を 発出し、感染症対策を強化しています。 また、諏訪圏においては、感染しやすく、重症化しやすい可能性が指摘されている 変異株の陽性者が継続して確認されているほか、飲食の機会を起因としたクラスター の発生により新型コロナウイルス感染の陽性者の確認が続いていることから新たな対 策を講じることとしています。 諏訪圏域全体における警戒レベル5への引き上げに伴って、経済圏を同じくしてい る岡谷市においても飲食店を中心として、特に、小規模事業者は大変厳しい経営状 況となっています。 4月19日付けの県からの通知によれば、県においては今後、地域経済を活性化す るために、諏訪圏の市町村が行う感染拡大の影響を受ける事業者への取り組みに対 し市町村と連携した支援もあるとしていることから、岡谷市においても、小規模事業者 に対する緊急経済対策を下記のとおり要望いたします。 記 <緊急的な支援> 1 県の「信州の安心なお店応援キャンペーン事業」の周知・徹底とプレミアム クーポン券の対象外小規模事業者への市独自での発行 2 感染防止対策実施店のPRや広報の取り組みに関する支援補助金 3 岡谷市内の商業者の状況や要望を汲み取る体制の強化 <継続的な支援> 1 新型コロナウイルス感染症拡大防止等に関する対策経費の支援補助金 2 飲食宅配・テイクアウトサービス実施等支援補助金 3 飲食店等の宅配やテイクアウト等利用促進に関する補助 4 岡谷市内の商業者等に対する家賃補助金 5 Okaya pay の普及の取り組みに関する支援補助                                 以上

会派おかや未来研究室として、地域の飲食店からのヒアリングを参考に、諏訪圏域全体が新型コロナウイルス感染警戒レベル5への引き上げに伴って経済圏域を同じにする市内の小規模事業者の厳しい経済状況に向けた対策を4月27日に市に要望しました。要望内容は、緊急的な支援(三項目)と継続的な支援(五項目)とになっています。

尚、当日の午前中には、市からも経済対策に向けた記者発表がありましたが、会派として要望した内容と内容的にかなり被っています。